マナー

手紙のマナー

手紙のマナー

  気負わずに手紙を書こう 最近はメールやSNSの発達で「手紙を書く」ことが減りましたが、やはり手紙の良さがなくなることはありませんので、人生の節目には直筆の手紙を贈りたいものです。

冠婚葬祭の基本を学ぼう~成人式~

冠婚葬祭の基本を学ぼう~成人式~

冠婚葬祭の「冠」、成人式について 成人式は冠婚葬祭の「冠」にあたるお祝いです。昔は「元服」といい、11歳~16歳の男子が衣服や髪形を改めて頭に冠をかぶり、成人の儀式を行っていました。   元服はとても重要な儀式として行われていました。現在では1月の第2月曜が成人の日で祝日になっています。市町村単位で成人になった人たちを招き記念式典が行われます。

冠婚葬祭の基本を学ぼう~子供の成長を祝う~

冠婚葬祭の基本を学ぼう~子供の成長を祝う~

冠婚葬祭の「冠」!七五三を祝おう 七五三では3歳、5歳の男の子と、3歳、7歳の女の子を神社に詣でさせて、これまでの成長に感謝すると同時にこれからの成長、幸せを祈る風習です。   昔は関東地方中心の行事でしたが、現在では全国的に行われています。11月15日に祝うようになったのは江戸時代からで、それ以前は11月の吉日に行われていたそうです。   また、明治以降に「七五三」と呼ぶようになりました。

「冠婚葬祭」が表す意味

「冠婚葬祭」が表す意味

冠婚葬祭の意味 貴方は冠婚葬祭が何を指すかわかりますか。冠婚葬祭とは、一字ずつ意味が含まれ、冠は成人式、婚は結婚の儀式、葬は葬儀を指し、祭は先祖をまつる事を指します。   いずれも、我々の生まれてから最期までの、行事であり大事なのです。家族のことを考え、親は子の幸せを、子は親の幸せを祈る、昔からの家族のスタイルが表わされている事だと言えるでしょう。礼儀を重んじる日本固有の、風習を感じる言葉です。