声優に求められる事|オーディションで気をつけること

声優のオーディションでは自己PRをしっかりとしましょう

アニメなどのサブカルチャー人気で近頃、声優を目指す若者が増加中です。声優になるためには専門学校や養成所に通うのが基本です。あらかじめ声優養成所や声優専門学校の入所、入学方法など、声優になるための情報を集めましょう。ですが、声優になるにはこれだけでは不十分です。声優デビューを成し遂げるには、しっかりと勉強をしなければいけません。まず学校の勉強を大切にしましょう。また声優さんが活躍する作品をたくさんみて、夢をふくらませ、やる気を出すのもよいでしょう。すでに、声優養成所や声優専門学校などの養成機関に入っている方は、さじをなげないこと、続けることが大切です。

入学して6カ月も経つとクラスの半分くらいがやる気を失っていることも結構ありますが、流されてはいけません。そして、他人と同様に練習してもチャンスはつかめませんので、人より努力することが必要です。バイト先や自宅も練習場所だと思うような気持ちでいましょう。声優に求められる力は多岐に及びます。発声、発音などの基本はもちろん、演技力や表現力なども求められます。声優として活躍している人たちはこれらの力を当然持っていて、現場で当たり前のように発揮します。

オーディションは初めて会った時の印象が大事です。

コミュニケーションが下手な人は良い印象を持たれません。ほかにも雑音入りの声のサンプルだったり、汚い手書きのCDラベルだったりすると評価を悪くします。履歴書でも丁寧な字のほうが良いです。写真にも気を配ってください。携帯電話で撮るのもいけません。写真からその人のやる気についても見てとっているのです。オーディションでは夢を与える事ができる人間かも見られているのです。

声優に求められる事|オーディションで気をつけること