オーディションの年齢制限の順守|オーディションで有利になるために


オーディションに年齢制限がある場合には順守しましょう

低年齢から応募しておく方が、有利です。オーディションに年齢制限がある時は、定められた制限以上でもあるいは以下でも、エントリーはできません。十八歳以上なら十八歳も含むというように、以上と以下は先に付く年齢を範囲に含みますが、未満の場合には該当の年齢があてはまらないので注意してください。応募自体は自主的にやるものですので、年齢制限でダメだったとしても可能ですが、条件を満たしていないのならグランプリどころか、一次チェックにも受かることはないでしょう。年齢制限ではじかれてしまったという場合には残念ですが諦めて、似たような条件の別のオーディションに応募するようにして下さい。

年齢制限を通過するため、年齢を偽るのは厳禁です。オーディションに応募された全員について年齢の確認を行うことはないので、偽りは直ぐにはばれず、審査に受かれば上手く切り抜けたように感じられるかもしれませんけれども、いつか必ず偽証が発覚します。偽りが発覚すれば許されはしません。万一にでも上位に残ってしまえば、オーディションに多大な損害を及ぼしたとして、賠償を要求されることもあります。

厳重注意だけで留まっても、黒歴史は関連の業界でブラックリストにのることになり、今後一切審査の通過は不可能になります。才能があっても条件さえあえば選ばれる底力はあったとしても、歩めるはずだった将来を棒に振るという行いとなるのです。モデルでもタレントでも歌手でも、デビュー時に年齢を詐称する人が皆無であるとは必ずしも言えません。近年では年齢を偽ってしまうと取り返しのつかない事態にもなりえますが、昔はそんな重要なことではないと無視されることもありました。

オーディションの年齢制限の順守|オーディションで有利になるために