歌手になる色々な手段|オーディションで有利になるために

歌手のオーディションは曲選びや自分らしさを出すことが必要です

音楽業界は、プロダクション、レコード会社、音楽出版社の3つの組織からなっています。プロダクションは歌手とマネージメント契約を結びます。歌手自身のブランド力を上げてプロモーションを行うなど、歌手の育成に努めます。レコード会社は歌手と録音の契約を結びます。歌手のCDを製作し、販売、プロモーションを行います。音楽出版社は歌手と著作権契約を結び、録音権、演奏権、譲渡権という著作権についての管理を行います。歌手のオーディションを行うのは、プロダクションとレコード会社が主です。歌手になるというのは、これらの組織に所属することにより、プロモーションを受けてライブ活動やCD販売、企業のCMなどの音楽を歌うことで収入を得ます。メジャーレコードレーベルからCDを製作して販売する歌手になるためには、オーディションを受ける方法、ライブでスカウトされる方法、仮歌などからデビューする方法、他の業種からデビューする方法、自費出版する方法があります。どの方法を選んだとしても、業界の方の目に留まらなければなりません。レコード会社やプロダクションが主催するオーディションを何度も受けて、自らも作詞、作曲能力を磨き、ライブ活動を行って経験を積むことが大事です。さまざまな可能性を視野に入れつつ、経験を積んでいくことが必要です。歌手になるためには、歌唱能力を上げていく必要があります。

歌手になるためのオーディションとしては、レコード会社やプロダクション主催のものがあります。主催するところが違うだけで、オーディションで行われる中身はほぼ同じです。オーディションは、書類審査、自己PRや実技、合否発表という流れで行われます。書類審査は、オーディション用の履歴書に、自分のプロフィールなどを記入していきます。記入する内容としては、氏名や年齢など、志望動機、自己PRです。書類審査に合格すると、審査員の前で自分の歌を披露します。普段の自分を100パーセント出せるようにしましょう。自己PRでは、歌以外に趣味や特技の披露を行います。その際に大切なことは、審査員の印象に残れるものにすること、他の受験者との差を出せるようにすることです。オーディションの合否発表は、オーディションが行われてから2週間以内に、可能性があると感じられた人にだけ通知が来るというのが一般的です。合格すれば、歌手としての第一歩を踏み出せたこととなりますので、さらに努力を積んでいきましょう。

オーディションの形式にはライブ形式、オーディション会場で面接を受けて、決められた時間に歌唱審査を受けるもの、オーディション番組に出演するもの、新人を発掘するために大手プロダクションが主催するオーディションという4つの形式があります。ライブ形式は、ライブ会場で歌やパフォーマンスを見てもらう方法です。自分の歌やパフォーマンスをじっくり見てもらいたい方に向いています。オーディション会場での面接や実技審査は、実際に審査員と話しをすることができます。自分のキャラクターをアピールしたい方に向いています。オーディション番組への出演は、容姿に自信のある方におすすめです。大手プロダクションが主催する新人を発掘するためのオーディションは、歌手としてだけでなく、女優やモデルなど、タレント性が求められます。

オーディションに合格しただけでは、デビューまでの育成をしてもらえる権利を得ただけです。そこから歌唱トレーニングを積み、ライブ審査を受けていきます。プレゼンテーションに合格すると、やっとデビューできるのです。歌手のオーディションを受ける際には、自分に合う曲を選ぶことが重要です。自分の出しやすい音域の音を用いた歌を選びましょう。また、歌う時は、誰かのマネをして癖の強い歌い方をするのではなく、自分の良さが出せる歌い方をするのがポイントです。正しい歌い方をボイストレーニングで身に付けておくことも大事です。

歌手になる色々な手段|オーディションで有利になるために