加えたいプラスの自己アピール|オーディションで有利になるために

オーディションの自己紹介では人とは違うアピールを加えましょう

みんなが頭を悩ませるオーディションの折に必ず行う自己紹介ですが、最低限で終わらせている人もいると思われます。それはもったいないことです。なぜなら、最低限の自己紹介ならば自分を覚えてもらう要素を何も言っていないこととなります。オーディションに参加してそれはありえません。絶対にやってはいけないというと大げさかもしれませんが、それでもやはりやらないほうがベターです。

自己紹介をする場合には、自分を覚えてもらう努力をしなければなりません。では何を言うかというと、そのオーディションの内容や雰囲気によるので一概には言えませんが、他の人とは違うことをしなければなりません。オーディションが一人で受けるものなら他者と比べようがありませんが、何人かと並んで受けるときもあると思います。その場合は、他の人と少しで良いですから何か違うことをやったり言ったりしたほうがより強い印象を与えやすいです。例えば、他の人よりも大きな声で話すとか、自己紹介をするときに何かプラスしてみるとか、何かしてもアピールできると思います。

ただ、先ほども述べた通り、オーディションによってそのあたりは全然違うと思うので、そのあたりは自分でその都度対処するようにしてください。オーディションという試験は、勝ち抜くためには厳しい勝負に勝たねばならないのです。ただ、相手をおとすよりも、自分がレベルアップすることを意識することでその様なことも無くなります。出来ることから自分でやることが、オーディションには大事なのかなと思います。たかが自己紹介ととらえてはいけません。

加えたいプラスの自己アピール|オーディションで有利になるために