役に合う服装が最適|オーディションを楽しもう!

子役のオーディションには役に合った服装で臨みましょう

ドラマや映画等の影響を受け、将来大きな舞台で活躍したいと思い、子役のオーディションを受ける子供たち年々多くなってきています。親子二人三脚で夢の実現に向けて行動しているケースも多いです。

そこで重要なのが、どのようにオーディションに受かるかということです。まず、子役のオーディションで理想の結果を出すためには、先方に印象を与えることが大事です。ただ可愛いだけという子供は多々いますので、記憶してもらえません。

少し悪っぽかったり、やんちゃな雰囲気があったりと個性があるほうが、審査側に興味をもってもらえます。そして、次に必要になってくるのが演技の臨機応変さです。役者としての第一歩とするためのオーディションですから、いかに惹きつける演技ができるかが大きなポイントになります。審査側は、役の中の心情や立場を子供なりに理解して演技ができるかを見ています。のびのびと自分らしさを出して、精一杯演技する姿を見せることができれば、良い印象を与えられます。

さらに子役のオーディションでは、最低限の言葉使いが必要となってくるものです。実際に働く現場は大人の世界ですから、甘えてばかりではなく、あいさつや言葉など最低限のマナーを身につけているほうが、審査を合格できる可能性が高まります。だからといって、いつでもどこでもかしこまって礼儀が必要だというわけではありません。あくまで子供らしいなかで、必要最低限の言葉を使えると安心です。

オーディション時の格好ですが、子役の配役を決める場合には、その役どころに極力あった服装が望ましいのです。

一般の家庭の子供の役なのに、妙にゴージャズな服装だとせっかく演技が上手くても、イメージが下がってしまいます。さらに演技に支障が出ないように動きやすい楽な服装がベターです。なにより元気よくのびのびとした子供らしい言動をすると、印象がアップすることでしょう。初めのあいさつも最後のあいさつも、元気よくハキハキと行うだけで場が和みます。時として親御さんも緊張し力が入ってしまうこともありますが、親子で楽しい気持ちで臨むことが大切です。

役に合う服装が最適|オーディションを楽しもう!