子役事務所の傾向|オーディションで知っておきたいこと

子役のモデルを目指すなら事務所のオーディションを受けましょう

脚光を浴びる子役もたくさんいます。国内のテレビドラマや映画では子役の存在は無くてはならないものですが、大人以上の実力を持った子どもも多いです。また、子役の需要は演技のみならず、よく気をつけて見てみるといろいろな場面で子役が活躍しています。例えばファッションカタログを見てみても子ども向けアイテムを身に着けているのは子役ですし、雑誌などでも子役が活躍しています。

こうした子役はテレビや映画などの俳優志望の子どもだけでなく、子役のモデルとして事務所に登録しているといったことがほとんどです。大人でも読者モデルやファッションモデルが存在しますが、子ども向けのファッションやスポーツ用品には当然子役のモデルが起用されます。そのため映画やドラマで頻繁に目にする子役以外にも日本にはさまざまな子役がモデルとして活躍しているのですが、そうした子役達はオーディションなどによって選別されています。

日本には子役のモデルを抱える事務所がいくつもありますが、こうした事務所は定期的にオーディションを開き、有望な子役を募っています。子役のモデルとして大成するためには、まずこのオーディションを合格する必要性がありますが、事務所にもいろいろな傾向があるので応募の際には注意が必要です。モデルと言えばスラっとしたスタイルや端正な顔立ちである事などが求められますが、子役のモデルの場合には必ずしもそういったステレオタイプなモデル像が求められる事はありません。

子役事務所の傾向|オーディションで知っておきたいこと