エステの脱毛と美容外科の脱毛の違いは|知識スキルアップ!(脱毛)

エステの脱毛と美容外科の脱毛の違いは

エステの脱毛と美容外科の脱毛の違いは、美容皮膚科は医療機関でドクターが施術してくれるのに対して、エステサロンの脱毛は非医療機関でエステをしているエステティシャンが施術することです。また、使えるマシンが異なります。美容クリニックでは医療に使う高性能レーザー用の機器を使用するので少しの時間で効果が高くなることが期待できます。かたや、脱毛サロンより金額が高額なことも異なるポイントです。

永久脱毛で最も効果がある方法と言えば医療用レーザーによる脱毛だと思います。エステサロン見比べると料金は高額ですが出力の高いレーザー機器を使うので広範囲の脱毛ができるし期間も早く終わります。そのかわりエステよりも痛さがありますが、万が一にも皮膚に不安なことが起きた時でも医師や看護師が常にいるため診てもらい薬をもらうことができます。脱毛をやり始める時は不安心も多いですから自分で納得できるまで訊ねて不安をなくしてからスタートするのがいいですよね。

毛には3種類の決まった生えかわるためのサイクルがあるのです。成長期・退行期・休止期の3通りでこのサイクルの繰り返しを“毛周期”と言っています。毛周期は生えている部位により違うもので、3か月ほどの短い期間のものから4~5年の長期間のまであります。成長期は、毛母細胞が分裂をしだし毛が皮膚の表面に出てきて伸びてくる時間なのです。退行期には毛の伸びが止み、抜け出す準備を始めるのです。毛細胞の分裂は止まります。休止期とは、毛が取れて次の毛が生まれるまでの時間のことを指すのです。レーザー脱毛する時は毛周期を考慮してやった方がより短期間で脱毛できるでしょう。

エステの脱毛と美容外科の脱毛の違いは|知識スキルアップ!(脱毛)