コーヒーの淹れ方上級・ネルドリップ

コーヒーの淹れ方上級

コーヒーカップ

コーヒーの淹れ方上級編として、ネルドリップを使った抽出方法をご紹介します!

淹れ方はハンドドリップとさほど変わりませんが、少々手入れが特殊なだけで、口当たりが良くまろやかな味わいのコーヒーを楽しめます!

ネルドリップの下準備と保管方法

コーヒー抽出の様子

ネルドリップの抽出方法は、準備するものに違いがあるだけで、それ以外はハンドドリップと同様となります。
そのため、使用前の準備や手入れ、保管方法をご紹介します。

まず、使用前の下準備です。
新しく購入したものには、糊がついています。ついたまま使用すると、香りや味に影響が出てしまいます。
そこで、コーヒー豆や抽出後のカスを入れたお湯で10分から20分ほど煮詰めましょう。
糊がとれ、コーヒーの風味もつくため、最初の抽出から本格ネルドリップを楽しむことができます。

抽出する前には、ネルの水分が残らないように絞ってから使用します。
ネルの水分をとる専用のタオルもあるようですので、必要な方はご使用ください。

抽出後は、着色が気になるからといって、洗剤を使って洗ってはいけません。
豆のカスを捨てたら、煮沸するか水洗いする程度にとどめてください。
毎回水洗いをしている場合は、週に1、2回煮沸するようにしましょう。

使用後は、きれいな容器に水を入れて、それにネルを浸して保管します。
容器の水は、毎日取り換えるようにしてください。
ネルの表面にある起毛がなくなってきたら、新しいものに買い換えることをおすすめします。

ネルドリップのおいしさの秘密

コーヒーカップ

なぜ、ネルドリップで淹れるコーヒーはおいしいと言われているのでしょうか?

ほかの抽出方法と比較すると、「蒸らし」の工程で違いがあるようです。
例えば、ハンドドリップで行う蒸らしの際は、ドリッパーに接する部分の豆は上に向かって膨らむことはできますが、下の方へ膨らむことはできません。
一方、ネルドリップの場合は、柔らかい布がドリッパーであるため、全方向に向かって膨らむことができます。
そのため、豆全体がしっかり蒸らされ、豆本来の味を最大限に出すことが可能となるのです!

ほかにもネルのきめが細かいことや、厚みがあるためゆっくりと抽出されることなどが、おいしさの秘密となっています!

コーヒーの淹れ方上級・ネルドリップ