ギターのパーツ解説!ボディ編

ギターと一口にいっても、ギターとはいくつものパーツが組みあわさってできています。そして、そのパーツの材質も実にさまざまで、材質によって音も変わってきます。今回はそんなパーツのなかのひとつ“ボディ”とその材質についてのお話です。

ボディとはそのままギターにとって体にあたるパーツになります。更にこのボディは二つに分けることができます。まずは、フラット・トップと呼ばれるもの。こちらはボディの表面が平らなものを指します。続いては、アーチ・トップ。これは、ボディの中心から外側にかけて緩やかなアーチを描いたようなボディラインのものになります。この二つの違いは弦の振動にかかわってきます。どちらがよいというわけではないので好みで選んで問題ありません。

そして、ボディの材質になるのですが、ボディの形状より材質の方が音に大きくかかわってきます。ここからはその材質の特性を簡単に説明していきます。

・アッシュ材・・・・・透明感のある中音域と音のヌケが良い。
・アルダー材・・・・・現在はストラトタイプによく使用される軽めの素材。
           バランスの良い音をだし、枯れた音が特徴。
・マボガニー材・・・・レスポールなどによく使われる傷がつきにくい軽めの素材。
           あたたかみのある音と中低域の音に特徴がある。
body_01
・メイプル材・・・・・アタックの強い音を出しつつ、透明感ある音も出せる。
           また、音の輪郭がはっきりとする。
           重量があるのでボディ全体に使用するより、表だけに使用することが多い。
gakki_05
・ローズウッド材・・・主な特徴は上記のマボガニー材を少し硬くしたような感じ。
           重量がそれなりにあるので、エレキギターよりアコースティックギターによく使用される。
           また、ウェットな音が特徴的でもある。

簡単ではありますが、おおまかに話すと材質ひとつでもこういった特徴があるのです。新しいギターを購入する際は、材質に着目して選んでみると選択の幅が広がり楽しいかもしれませんよ。

ギターのパーツ解説!ボディ編