楽器の準備をしよう!

メンバーも無事集まり、バンド活動が目の前に見えてきたら楽器の準備をしましょう。

楽器の入手方法は楽器店で購入、通販で購入、知人に譲ってもらうなどさまざまですが、やはり楽器店での購入が一番です。例えばギターを購入するとします。しかし、ギターと一口に言ってもその種類も豊富であり、その種類により音色も違ってくるのです。自分のやりたいジャンルに適したギターを選ばなければいけません。しかし、素人ではその判断は非常に難しいものです。

楽器店には楽器に詳しいスタッフがいますので、知識がなくとも安心です。こういった音楽がやりたいとスタッフに伝えれば適しているギターを教えてくれますし、実際にアンプにつないだときにどんな音がするのかも確認することができます。通販ではこれができないのがおすすめできない理由になります。通販を利用するなら、ある程度楽器に対する知識がついてからの方がよいでしょう。

値段に関してですが、メーカーや楽器の種類により異なってきます。ギター、ベースなどの弦楽器は5万ほど、生ドラムの場合は10万ほどとみておいたほうがいいでしょう。

ドラム担当の方は生ドラムを購入する前には自分のおかれている環境で生ドラムを叩けるか、場所は確保できるのかをしっかりと考えてください。生ドラムは生音が非常に大きい楽器ですので、自宅の防音がしっかりしていないと近所迷惑になります。窓を開けて叩くと、200メートル先まで聞こえるほどです。近隣住民とのトラブルになりかねますので、注意してください。この点に問題があるようでしたら、電子ドラムの購入を検討してみてください。自宅での練習は電子ドラム、スタジオなどでの合同練習では生ドラムを使用するというように使い分けるといいでしょう。ちなみに電子ドラムは4~10万ほどで購入可能です。

[su_menu name=”band”]

楽器の準備をしよう!