「冠婚葬祭」が表す意味

冠婚葬祭の意味

貴方は冠婚葬祭が何を指すかわかりますか。冠婚葬祭とは、一字ずつ意味が含まれ、冠は成人式、婚は結婚の儀式、葬は葬儀を指し、祭は先祖をまつる事を指します。

 

いずれも、我々の生まれてから最期までの、行事であり大事なのです。家族のことを考え、親は子の幸せを、子は親の幸せを祈る、昔からの家族のスタイルが表わされている事だと言えるでしょう。礼儀を重んじる日本固有の、風習を感じる言葉です。

手土産におすすめのせんべい

 

 

冠婚葬祭のマナー

国内での冠婚葬祭のマナーは、知っておく必要があります。
その中で、悲しみの儀式である、葬儀におけるマナーはまず理解すべき事だと思います。たとえて言えば、葬式では喪服を着用しますが、黒色で靴はエナメルなどの光沢は避けます。

 

そして、お香典は新札を嫌い、袱紗(ふくさ)をまいて出します。

通夜では遺族に声をかけ、そして葬式は葬儀、告別式と分かれていることも多いようですが、常識的では両方出るのが多いようです。

常識的な冠婚葬祭の服装は、決められていることが多いです。

白が多い結婚式と逆で、葬儀では黒がメインとなっています。

 

お葬式参列時の服装について

そして、喪服には多々マナーがあって、普通は黒の上下セットで、靴は飾りのないものを選びます。さらに、毛皮や皮革製のコートやジャケットは、悪いイメージを与える為やめましょう。

 

次に、通夜というのはある日突然残るである為に、紺色など暗めの服で弔問するものです。どちらも華美でなく、暗めのものを選ぶ必要がありそうです。

「冠婚葬祭」が表す意味